幸せでいる方法はもっているものに満足し感謝することかも

社会学に「親ペナルティ」という言葉があるそうです。
子を持つ夫婦と持たない夫婦が感じる幸福度のギャップのことなんだそうです。
そして、悲しい事に子供を持った夫婦のほうが幸福度が下がるらしいです。

子供を持つ親として聞きづてならないと思いました。
子供を持つ親と子供をもたない夫婦の幸せ感を比べるのはいかがなものかと思ったりもします。

お互いにそれぞれいいところだけを考えたらいいんじゃないかなあと思います。
子供のかわいい言動を見て幸せを感じる時を子持ちの夫婦はいつも考えればいいし、子をもたない夫婦は二人で自由に気ままな旅行ができることなどの幸せを感じることにフォーカスすればいいと思います。

どのような立場であっても、ないものを嘆くのではなく、あるもののありがたさや幸福感を感じることができれば、いつでも能天気にハッピーにやっていけるのではないかと思います。
人を羨むのではなく、自分の持っているありがたいものに感謝することで人は幸せでいられると思いました。オーガニックレーベルの葉酸で損しない買い方