社会保障費のことを考えると、明らかに財政は危機的な状況

これから先、自分たちの社会保障制度というのはどうなってしまうのでしょうか。
いま現在の時点で、すでに問題は山積している状態だと思っています。
老後を迎えた高齢者は、年金だけでは生活するのに精一杯だと聞きます。
なので、老後の長い期間を余裕を持って過ごしたり、介護などの必要性が生じれば、たくさんのお金を準備しなければならないですよね。
また、高齢者の増加とともに、医療費も膨れ上がり、多くの国債を発行するに至っています。
一般家庭でこのような状況であれば、すでに家計は火の車になっていると言わざるを得ません。
国債の発行によってなんとか制度を維持しているのですが、こうした状況が長期間続くとはとても思えません。
本当のところでは、かなり抜本的な制度の見直しが必要なのですが、政治家は、不評を買うことを嫌い、誰も手を出そうとしません。
でも、なんとなく、いまの状態というのは「沈みゆく泥舟」のような気がしてならないのです。脱毛ラボ 新宿